防水加工って言ってたのに!やっちゃダメだったiPhoneの使い方

外部防水加工について

iPhoneを専門の業者に預けることで、防水加工してもらえるというサービスがあります。その方法は大きく分けて二種類あって、そのうちの一つが外部防水加工です。
これはiPhoneの周りに薄いシートを被せたり、防水スプレーを吹き付けたりして、水から守るというものです。ただし、iPhoneの外部防水加工業者の多くは水没した場合を想定していません。いわゆる「生活防水」で、手を洗っている時に跳ねた水や小降りの雨に濡れた程度なら問題がないということです。トイレや水たまり、ましてプールなどに落とすとiPhoneは破損しますし、データも失われることがほとんどです。そしてそのような事態になっても、業者は保証してはくれないので注意が必要です。

内部防水加工とはどんなものか

外部防水加工の他に、内部防水加工と呼ばれる方法がありますが、こちらも注意しておきたいことがあるのです。
まず、内部防水加工とはどんなものかについてですが、これは一旦iPhoneを分解して基盤などに防水加工を施します。そのため一見すると防水加工をしているとはわからないため、見た目や手触りを変えたくない人には向いています。
ただ、気をつけておきたいのは、内部防水加工の目的はあくまでもデータを守るためのものです。内部防水加工をしていても、水没させた場合はiPhone本体が使えなくなる可能性が高いです。その代わり外部防水加工とは違って、写真や動画などは保護されますから、新しいiPhoneを購入しておけば復旧させられるのです。

iphone5sの修理に時間やお金がかかるようであれば、安売りしている中古品を購入することも検討の価値があります。